鳥取県米子市で振袖・着物のレンタルやクリーニング・着付け教室はきもの永見

cart
七五三 / 紐落とし

ひもおとし・七五三の準備~揚げはお済みですか?~

TAKAHASHI
こんにちは、きもの永見 高橋です。
9月になりますと、そろそろ七五三・ひもおとしの準備をお考えの方も多いと思います。

 

 

七五三は主に11月15日に行われるお祝いの行事ですが、最近ではご両親の仕事の都合や、お子様の体調を考えられたり、または神社が込み合う日を避け、時期をずらしてお参りをされる方も増えてきました。

早い方は、来月にでもお参りを考えていらっしゃるかもしれません。

そこで、七五三の前にまず準備が必要になるのは、着物のサイズ調整です。

 

 

七五三着物の揚げとは?

七五三で着られるお着物は女の子も男の子も身長に合わせた「揚げ」が必要になります。
「揚げ」とは、身頃をつまんで糸でおさえることです。
もともとお子様用の着物は成長することを前提に大きめに作られているので、寸法を調節するために「揚げ」が必要なのです。

お子様の寸法を測り、着物の肩山を調整する肩あげと、着物の丈を調整する腰あげをしていきます。

 

肩あげと腰あげをすると、右の画像のように、お子様にぴったりなサイズになります。

 

揚げの依頼はいつごろしたらいいの?

例年、七五三のシーズンが近付くと、きもの永見では、お着物の肩揚げや腰揚げ等のご依頼を多数お受けしておりますので10月、11月ごろに揚げのご依頼を制限させていただくこともあります。

 

お客様
七五三の1,2週間前だと間に合わないかも…
TAKAHASHI
余裕を持ってお詣りができるように、1,2ヶ月前から、揚げの依頼を済ませておかれる方が良いでしょう。

 

特に、お家にある兄弟(姉妹)が使用した着物やパパ・ママの七五三の着物などを使いたいご家庭は、揚げの相談は早めにしたほうが良いでしょう。
前着られたときの揚げがそのままになっていたら、一度ほどいて改めてお子様のサイズに揚げ直しをしないといけないので通常よりも時間がかかるからです。
 

他に準備しないといけないものは?

着物の他に準備が必要なものに関しては、こちらの記事で特集しております。ご参考にどうぞ。

永見セレクト~七五三・ひもおとしの着物~

 

七五三の記念撮影はhows photo studio(ハウスフォトスタジオ)で

お参りの準備が整ったら、記念撮影もお考えだと思います。

きもの永見直営の写真館・hows photo studio(ハウスフォトスタジオ)で七五三の記念写真のご予約を受付しておりますのでぜひいらっしゃってください。

 

hows photo studio(ハウスフォトスタジオ)

鳥取県米子市の写真館ハウスフォトスタジオ。1日3組だけの貸し切りスタジオ、ご家族のペースでリラックスして撮影ができます。お宮参りや七五三、成人式といった特別な日おもちろん、家族写真やマタニティフォト、誕生日など …。

TAKAHASHI
「きもの永見」ではお子様の身長に合わせて腰上げ、肩上げから着物のコーディネートのお手伝い、その他お参りに必要なものなど、全力でお手伝いさせていただきます。
準備を万端にしておけば、お詣り当日は安心ですね!
 

七五三のご相談などございましたら、ぜひきもの永見へご来店ください

 

CONTACT

TEL0859-39-1234

10:00-19:00/水曜日

 

written by TAKAHASHI

文化学部卒業後、和文化に興味を持ち地元の歴史ある企業・きもの永見で呉服の世界へ。 日々着物のことを学びながら皆様の「分からない」にお答えしていきます。

きもの永見Instagram